せんば適塾は、大阪の繊維・ファッション産業の新生を願う人々が結集し、語りあい、実践につなげる場です。
サイト内検索:

12/11開催 売れる商品作りへの挑戦

 マッチングイベントvol.15 ファイブワンファクトリー蝓々場見学会

11/26開催 ファイブワンファクトリー蝓々場見学


せんんば適塾ブログ


相互リンク


MOBIO

大阪府商工労働部 施策ガイド

apparel-web

テキスタイルネット
S&Tパートナーズ株式会社
S&TパートナーズFacebookページ
HOME > イベント カテゴリー 一覧 > 【イベントレポート】【2012/06/01 開催】自社ブランド商品事業への挑戦〜企画デザイン力とものづくり力の融合〜

【イベントレポート】06/01開催自社ブランド商品事業への挑戦

2012年6月1日(金) 17:45から大織健保会館5階にて、せんば適塾トークセッションvol.10「自社ブランド商品事業への挑戦 〜企画デザイン力とものづくり力の融合」(有限会社京都掛札 三代目 掛札 英敬 氏)を開催し、無事終了いたしました。

参加者は約50名。染工場からオリジナルブランドを手がける業態変化をどのように成し遂げられたのかについて、その軌跡と現在の取組みを中心にお話いただきました。

06/01開催自社ブランド商品事業への挑戦 06/01開催自社ブランド商品事業への挑戦

お話の骨子は
○現在は三代目。ポップなオリジナル木綿風呂敷のデザイン・小売を手がけている。
○もともとは結納用のオーダーメイド家紋入り正絹高級風呂敷の染工場。
○正絹高級風呂敷⇒オリジナル木綿風呂敷へ軸足を移すきっかけは、百貨店出展。
 オーダーメイドの風呂敷での出展依頼を受けたが、ある程度のパターンオーダーでなければ
 対応できないことに気づいた。
○自ら木綿風呂敷のデザインを手がけている。
○木綿風呂敷の加工先を外部で探している。

ご発表のあと、染工場から小売へ業態変化され、軌道に乗せることができた理由は何か、 海外へ進出しようと考えているか、海外から問い合わせはあるか、など活発な質問が飛び交いました。参加者の方々に対して、刺激のあるトークセッションになったのではと考えております。

 

弟様の 掛札 康之様も聴講に来られており、終了後、お二人の下には質問や名刺交換などで長蛇の列ができており、主催者側としてはこの上ない喜びでした。

【2012/06/01 開催】自社ブランド商品事業への挑戦〜企画デザイン力とものづくり力の融合〜
PDFデータを見る

無料メルマガ会員募集中


ページトップへ